作り手の歓びにとことん向き合う

画箋堂は大正2年の創業より画材・額縁を専門に取り扱ってまいりました。 ひとつひとつの画材には本来の特性はもちろんちょっと意外な使い方まで、たくさんの可能性が秘められています。 頭の中にあるイメージを形にすることへの歓び。イメージを形にしてくれる画材と出会える歓び。 全ての作り手にその歓びをお届けすること。それが画箋堂にとっての歓びであり大切な使命です。